▼ 【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアルはコチラ! ▼



2009年11月06日

銀行の融資と審査



銀行から融資を受ける場合、必ずあるのが審査

この審査が通らなければ、融資を受けることができません

銀行では融資をする際、次の4つをポイントを審査します。


・資金使途
 …融資の使い道のこと。
  使い道は、運転資金設備資金に大別されるが、
  設備資金では、見積書や購入予定の資料などを提示する必要がある。
  最近では運転資金でも買掛金の支払の場合、
  支払先からの請求書を提出要求されることがある。

・事業計画
 …損益計画、収支計画を審査。

・保全
 …担保があるか、保証がいるかを審査。

・銀行交渉、銀行融資面談における対応
 …営者の資質のチェック、事業内容の確認。


要するに、確実に返済できるかどうかを見るわけですが、
担保、保証人が不足しても、事業計画や銀行交渉しだいで、
銀行融資を受けられることもある
ので、万全の準備で交渉に臨みましょう。



posted by (株)OMC『財務・会計』チーム at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

銀行の仕組み・種類



銀行とは、資金に余裕のある個人や企業から資金を集め、
資金が不足している個人や企業に対して
融資をする資金仲介者の役割をする、
といった仕組みで運営されている金融機関
です。


銀行の仕組みについてさらに説明すると

資金を調達するのに負担する金利<個人や企業に貸し出すときの金利

(調達金利<運用金利)

として、この「利ざや」で利益を上げる仕組みになっています。


こうした仕組みがあって初めて銀行は成り立つのです。


「銀行」という名称は、銀行以外ではつけることが禁止され、
逆に銀行は「銀行」という名称をつけなくてはならない定めがあります


銀行の種類には、いくつかあります。

中央銀行としての日本銀行、市中銀行としてまず普通銀行があります。


普通銀行の種類には、全国的展開の銀行として、
都市銀行の合併・再編でできたメガバンク。

地域銀行として地方銀行・第二地方銀行(1989年以前は相互銀行だった銀行)
・埼玉りそな銀行といった種類があります。

またインターネット銀行や、セブン銀行のような種類も登場してきています。


普通銀行の他には、
信託銀行(信託業務を扱う銀行。財産を預けて運用を任せる)や
外資系の銀行といった種類もあります。


posted by (株)OMC『財務・会計』チーム at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急保証制度



中小企業への融資は、景気の悪化に比例し、
以前では借りられた資金が今では借りられないなど、
かなりきびしくなっています



そんな経営の悪化した中小企業の資金繰りを円滑にするために
設置されたのが緊急保証制度


緊急保証制度とは、中小企業が金融機関から融資を受ける際、
政府系機関である信用保証協会が100%債務保証をするというもの


要するに、企業が返済できなくなった場合、
信用保証協会が肩代わりする
ということです。

そのため、金融機関から中小企業への融資
スムーズに行われるようになります。


緊急保証制度の対象業種は、現在760業種と
中小・小規模企業数の8割超をカバーしています。


この制度を利用するには、事業所所在地の市区町村で、
制度の対象者であるかどうかの認定を受けてから、
金融機関または保証協会に申し込むようになります。


posted by (株)OMC『財務・会計』チーム at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中小企業の融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


▼ 【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアルはコチラ! ▼




▼ 詳細は下記URLをクリック!! ▼

http://www.om-consult.com/shikin/



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。