▼ 【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアルはコチラ! ▼



2009年10月31日

資金繰り表とは



資金繰り表とは、
収入支出を一覧にして収支の過不足を明らかにした表のこと。

将来のどの時点で資金不足が生じ、
いくらくらいの資金調達を行う必要があるかを
把握するためのツールとも言えます。

資金繰り表は、通常月次ベースで作成、
半年程度先までを予測するものが一般的です。


資金繰り予定表を作成するためには、まず、
資金繰り上のさまざまな前提条件を把握、決定する必要があります。

具体的には、売上予測、売上代金の回収条件、仕入代金の支払条件、
売上総利益率、固定費、借入金返済条件、設備投資予算
などについて、
現状の把握や予測を行います。

そして、それらの入出金がいつ発生するのかを把握して、
表の各項目に記載します。


また、銀行口座が複数ある場合、
どの口座の残高がいくらあるのかを把握するため、
資金繰り表銀行口座ごとに作成します。

銀行融資においては、運転資金の調達必要性を
銀行にアピールするためになくてはならない資料ともなります。


資金繰り表を管理することは、
会社の危機管理ということでもあります。

出金のチェックや記載にモレや記入ミスがないよう、
しっかり管理するようにしましょう。


posted by (株)OMC『財務・会計』チーム at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金繰り表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


▼ 【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアルはコチラ! ▼




▼ 詳細は下記URLをクリック!! ▼

http://www.om-consult.com/shikin/



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。