▼ 【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアルはコチラ! ▼



2009年11月05日

つなぎ融資とは



つなぎ融資とは、
金融機関から住宅ローンの融資金が下りるまでの間、
一時的に別の金融機関から借りるローンのこと



住宅ローンは、金融機関に申し込んでから
融資が実行されるまでに数日から数十日かかります。

そのため、まずは融資で代金を支払い、家を自分の名前で登記、
その家を担保として金融機関から融資を受け、
銀行から融資が下りたら、それでつなぎ融資借り入れを返します。


つなぎ融資が必要になるケースとしてはいくつかありますが、
代表的なケースとしては、以下の4つが挙げられます。

・注文住宅を建てる場合に、竣工前に資金が必要になるケース
・財形住宅融資などを利用するケース
・融資実行日が決済日よりも遅れるケース
・住宅の買い替えで住宅の売却が遅れるケース



つなぎ融資にも数万円から十数万円程度の利息がかかります。

そのため、融資は受けないに越したことはありません。

住宅メーカーや不動産会社によっては、
住宅ローン融資が実行されるまでの間、資金を立て替えてくれたり、
融資の実行のタイミングに合わせて引き渡しができるように
登記の手続きや引き渡し日を調整するところもあるようです。

購入の前によく聞いておくことが大切です。



posted by (株)OMC『財務・会計』チーム at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つなぎ融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


▼ 【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアルはコチラ! ▼




▼ 詳細は下記URLをクリック!! ▼

http://www.om-consult.com/shikin/



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。