▼ 【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアルはコチラ! ▼



2009年10月31日

資金調達の方法



資金調達とは、
事業の運営に必要な資金を工面することです。

資金調達というと銀行からの借入れが一般的ですが、
その方法にはいくつかあります。

以下は主な資金調達の方法です。


・公的融資を利用
 …政府系金融機関日本政策金融公庫信用保証協会の利用)

・銀行融資を利用
 …プロパー融資ビジネスローン

・ノンバンク融資を利用

・投資を利用
 …ベンチャーキャピタル、投資育成株式会社、個人投資家

・社債の発行
 …私募債など

・補助金・助成金の利用

・マル保融資利用


資金調達するにあたり、特に中小企業で考慮すべき点として、

・創業からの経年
・財務状況
・納税状況(法人税・事業税・源泉税・消費税)


などが重要になってきます。

特に、創業からの年数は重要なので、
これを中心に踏まえながら財務状況納税状況などを確認し、
資金調達をするようにしましょう。


posted by (株)OMC『財務・会計』チーム at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金調達の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資金調達とは



資金調達とは、
事業の経営に必要な資金を外部から調達すること


資金とは、事業を営むにあたって、その元手となるお金のことで、
資金には、開業資金、運転資金、増加運転資金、設備投資資金など
いろいろあります。

金融機関では、資金「運転資金」「設備資金」に分けています。


運転資金とは、仕入・買掛金の支払、家賃、ボーナスの支払いなど、
事業を運営するのに必要な資金のこと
で、
支払のほうが多くなると資金が足りなくなり、
これを埋め合わせるのが運転資金です。

個人事業主の場合は生活費も運転資金に含まれます。


設備資金とは、営業所の設置、機械の増設、車両の購入など
新規設備の購入時に必要となる資金のこと


設備資金借り入れは、一般に金額が多額で
返済期間も長期になりがちなことから、
当然担保も必要となり、事業計画書も作成しなければなりません。


運転資金設備資金調達するには、利益計画が必要となってきます。

1年間の月別の計画をしっかり立てて、資金調達をするようにしましょう。


posted by (株)OMC『財務・会計』チーム at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金調達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


▼ 【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアルはコチラ! ▼




▼ 詳細は下記URLをクリック!! ▼

http://www.om-consult.com/shikin/



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。